キリスト教伝来は西暦1549年以前にもあった

フランシスコ・ザビエルによるキリスト教伝来は西暦1549年です。一般的にはこの時に日本にはじめてキリスト教が侵入したとされます。ところが、最近の研究によると、実際の渡来はそのはるかな昔にあったようです。キリスト教の一派であるネストリウス派は、中国に伝来して景教と呼ばれました。その景教というキリスト教一派が日本に伝わった時期は、なんと聖徳太子の時代だと判明してきたのです。聖徳太子は604年に十七条憲法を発布しましたが、この憲法の制定に際して、さまざまな古今東西の教えを研究されたといわれています。その中には、その当時に伝来した景教の経典も含まれていたとされます。聖徳太子のブレーンであった秦河勝は、景教を信仰していたのです。その秦氏が創建したという神社が日本各地に残っています。

景教とはユダヤ教的に解釈されたキリスト教

京都を中心に残っているのですが、その神社は実は景教の神を祭っていたとされます。景教の神とはもちろん、キリスト教の神です。ユダヤ教的に解釈されたキリスト教が景教なのです。なんと日本の神社の中には正体がキリスト教の神を祀っているものが存在しているのです。キリスト教が古来から日本に渡来していたというのは驚きです。しかも、神道の中にそれが溶け込んでいたというのです。神社では手を洗う儀式や、体を水で清める儀式が伝わっていますが、これなどもキリスト教のパプテスマと同じではないか、洗礼の儀式そのものではないかといわれているのです。そして景教が聖徳太子の時代に日本に渡来したそのはるか以前に、ユダヤ教徒も日本に渡来していたのではないかと最近の研究では言われてきているのです。
 

日本のキリスト教記事一覧

日本のキリスト教徒がなぜ、1%を超えることができないのか、それは、神道という日本の伝統宗教が大きく影響しています。神道を熱心に信じていなくても、日本民族にしみこんでいる伝統的な神の概念が、キリスト教の普及には大きな障害となってきたのかもしれません。日本の神道では八百万の神々というように、神は一神ではありません。天御中主(あめのみなかぬし)大神や天照大御神(あまてらすおおみかみ)といった中心の神様が...

隣人愛を教える、キリスト教のすばらしい部分を会得して人生にそれを表現した偉人は多いです。マザーテレサやナイチンゲールやシュバイツアーなどの偉人が有名です。これらの人物は、キリスト教の教えの中にある隣人愛、見返りを求めない愛の実践を第一のテーマとして人生で探求しました。これは開祖であるイエスの生き方に習ったものといえましょう。しかし、その一方で、イエスの死後に組織化される中で、形成されたキリスト教の...

スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。