日本文化に残存している古代ユダヤの足跡

「日本固有文明の謎はユダヤで解ける」という本は日本文化と古代ユダヤの共通点があることを指摘している本です。日本民族と日本文化の源流の一つとしてユダヤ民族の存在があると書いています。ユダヤ民族には失われた10部族というものがあります。歴史上、忽然と行方が知れなくなった古代のユダヤの10部族。彼らは移動を繰り返して、東へ向かい、ついには「約束の地」である日本列島に到達したというのです。神道の儀式の中には、ユダヤ教の儀式に酷似したものが少なくないといいます。また、大和言葉とヘブライ語には、同じ発音で同じ意味という単語が、無数に見出されます。「ハレ」「ケ」「ミゾギ」「ハラウ」などの神道の用語は、ヘブライ語でも似た意味となります。


【超図解】日本固有文明の謎はユダヤで解ける なぜ天皇家の秘密の紋章はライオンとユニコーンなのか

本書の著者であるマクレオドは明治時代初期に、日本にやってきたスコットランド人の商人です。私塾を三つ持ち、多くの日本人に学問を教えました。明治時代の日本人の生活や文化を西洋人の視点から評論している本でもあり、そういった角度からも楽しめる本です。日本とユダヤの共通点については、久保有政氏が解説しています。

日本を霊的に国防するにはどうすればいいか

日本国は、外国から見れば、宝の宝庫であり聖書にいう蜜と乳のしたたる国だということを理解する必要があります。その日本の富を奪うため、新自由主義政策を日本に浸透させようと、欧米の秘密結社がさまざまな工作員を日本に侵入させているともいわれています。また隣国の秘密結社も工作員を日本に入れています。そうした欧米や隣国の工作員のそのまた工作員に成り下がっている日本人がいます。その者たちが日本の政権に入り込んで、日本の霊的な伝統や文化をどんどん破壊しようとしていると指摘されています。心ある日本人は、パワースポットで日本の霊的国防を祈願する必要があります。

聖徳太子は神道も同時に重んじた

聖徳太子は在家仏教を日本に広めようとしましたが、その一方で天神地祇も厚く敬ったといわれています。在家とは、社会の一員として活動しながら、仏道を歩むことを指しています。神仏の理想をこの世において実践実行しようとするなら、この社会活動の中において以外にありえないと考えられるのです。この点において、神道の世界観と一致しているといえます。出家とは結局、社会や世の中を不浄なものとして、それを嫌悪する思考があるから、出家をしようとも考えるのです。そして、社会や世の中を嫌悪する思考が限りなく、過激になった先には、革命やテロなどの暴力容認による社会変革という悪魔が出てくるのです。この危険性を考えたら、出家主義ほど恐ろしいものはないということです。

出家主義の持つ危険性とは?

僧侶の職務に専心するために出家するのであれば、そこには正当な意味があると思いますが、そうではないのに、出家するというのは、かなり、危険な思想であると考えたほうがいいでしょう。そういうことを容認する宗教は果たして人類社会において平和を維持して社会と共存しうるのでしょうか。かつて、毒ガスでテロを画策した狂信的なカルト宗教が日本にもありましたが、そこも出家を勧めていました。教祖のお告げや霊言を鵜呑みにし、唯々諾々と従う指示待ち人間の信者が大量に集まる出家集団があるとしたら、それは、日本国民にとって脅威となるのではないでしょうか。こうしたカルト問題とは別に、真剣に仏教を勉強され、本当に伝統仏教の修業に打ち込んでいる出家した僧侶もいますので、それらの人たちにとって、このような社会現象は迷惑であることでしょう。


スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。