川崎大師  日本随一の厄除けパワー

神奈川県川崎市川崎区大師町にある大本山川崎大師平間寺。ここは「川崎大師」と呼び習わされ、昔から日本随一の厄除けのパワースポットとして知られています。毎日、数十人の斎戒した僧侶が熱誠の祈願を行い、参拝者の厄除けを念じています。そのパワーは、現代にも数々の奇跡の開運をもたらし、今も全国から参拝者がたくさん詣でます。厄除けの護摩祈祷がおすすめです。川崎大師は、約880余年前、崇徳天皇の御代、平間兼乗(ひらまかねのり)という武士が開いたお寺です。無実の罪により生国尾張を追われた平間兼乗は、諸国を流浪し川崎の地に住みつき、漁猟をしながら、日夜厄除けの祈願をつづけていました。 ある夜、の夢でお告げを受けた兼乗は海に出て、大師の尊像を引き上げます。その後、高野山の尊賢上人が兼乗と力をあわせ、大治3年(1128)、兼乗の姓・平間をもって平間寺(へいけんじ)とし、御本尊を厄除弘法大師としました。護摩祈祷を受けるときは、一心に願い事を念じ、具体的に御仏に申し上げましょう。ご祈祷時間は一時間近くあります。十分に祈ることができます。(※現在は、お勧めできません)

念願を叶えるには正しい祈りを会得しよう

神社に参拝する場合、それぞれに願いごとがあって参拝することが多いと思います。この場合に、まず、神社選びが重要になります。それには、それぞれの神社の来歴や由緒をよく勉強し、その神社の神様の性格を理解しなければなりません。参拝する場合は、稲荷系統の神社は避けるほうが良いでしょう。こうした系統の神は戒律に厳しく、参拝しなくなるとゼロまで引き戻される場合があります。参拝するならこうしたところを避けておくことをおすすめします。その地域の一之宮として崇敬されてきた神社は、神職が常駐し、清浄に維持されてきた神域が多いです。このような場所では、神霊が真剣な願いに対しては、その祈りに応じて加護して下さいます。その真剣さを表明する手段として、ご祈祷を受けることをお勧めいたします。毎週のように神社に足を運ぶことができる人の場合は、月に一度くらいは、ご祈祷を受けると良いでしょう。家が近く、毎日通える場合、7日間または21日間、連続でお参りする方法も良いでしょう。
行ってはいけない危険なパワースポット

日本の国土荒廃はパワースポットという聖域を汚す

今、日本では御朱印帳を使った一の宮巡りなどをする人が増えたり、神社について学ぼうとする人が増えたり、良い流れが生じている部分もあるにはありますが、その一方で怪しげなカルト宗教やスピリチュアル系団体が多数発生し、それぞれ独自の教義と理論で人を集めています。「国家まさに亡びんとすれば、必ず妖ゲツ(ようげつ)有り」と『中庸』にありますが、昨今の日本は、移民受け入れを推進するかのような外国人労働者受け入れ拡大や、長期のデフレによる国民の貧困化が進んでいます。収入が減少した結果、少子化が進んでいます。こうしたおかしな風潮を食い止めるには、憂国の志ある人が正しい神域に祈願する必要性があるといえるでしょう。



厄除け 川崎大師記事一覧

川崎大師は、神奈川県随一のパワースポットです。川崎大師には、ご本尊として弘法大師空海や救世観音があります。ここは厄除けにおける日本一のパワースポットなのです。大治3年(1128)に寺を建立して今日まで厄除けのご利益があるとの信仰を集めてきました。困難な事態や苦難を、厄として払いのけるパワーがあり、政治家や経営者などが頻繁に早朝の参拝に詣でているのです。本堂までは長い階段などもなく、高齢者でも、容易...

スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。