スポンサード リンク

靖国神社

靖国神社は、明治維新の後で創建された神社で日本の国事や国防のため
殉死した愛国者を英霊として祭祀する聖地です。


かつては天皇陛下も内閣総理大臣も毎年参拝し、国のため殉死した英霊を
慰霊していましたが、現在は、中韓の内政干渉に会い、複雑な事情となっています。


早く、かつてのように天皇陛下も首相も堂々と参拝できる聖地になるといいですね。
それでないと自衛隊の人も勇敢に戦えないですからね。


どこの国でも、国のため死す兵士を尊崇するのは当然の礼節なのですから。
安倍晋三総理が靖国神社参拝されて、ほんとうに良かったです。


ただ、私たちが個人的なお願いごとのために参拝するのであれば、明治神宮のほうがおすすめです。
靖国神社は、やはり国難を打ち払う神社ですから、そこでのお祈りは国防や国の平安に関するものに専心することがのぞましいでしょう。


日本の神社というのは世界の文化人類学的に考察すると、
非常に古いタイプの信仰形態であるといわれています。


古いというのは、全世界的に神社のような祭祀を行う宗教文化が広く
人類に普及していたようなのです。それがキリスト教などの一神教の出現で
駆逐されて、しだいに存在をおびやかされ消滅していったということです。


日本の神社は貴重な人類の遺産であり、生き残った古代文明の遺産でも
あるということかもしれません。古事記を読むとそれがよくわかりますね。
行ってはいけない危険なパワースポット




スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。