本物のパワースポットをお教えします


スポンサード リンク

高幡不動  東京都で最強の不動明王パワー

高幡不動は、東京都日野市高幡にあります。
高幡不動の通称で知られ、正式には高幡山明王院金剛寺といいます。


ここは東京都の不動明王の中では最強です。
意志力を授け、勇猛心を与え、邪魔する邪霊や邪念をはらいます。


奈良時代行基菩薩の開基とも伝えられる古刹です。
成田山新勝寺などとともに、関東三大不動の一とされています。
不動明王のパワーは本人の意志力を強化します。
また信念を強化して、物事を最後までやりとげる力を与えます。


人間にとって意志力や根気や気力は、物事を成就するための
必須条件ですが、不動明王はそのパワーを後押しして下さるのです。
したがって、受験や競争、経営上の戦い、困難なプロジェクトの推進など、
高幡不動にお参りすることで突破口が開けていくのです。


護摩祈祷は千円から受けられますが、三千円ぐらいから申し込むとよいでしょう。
ただし、現在は浮遊霊などで神域が荒廃しつつあり、お勧めできません)
成田不動のほうがおすすめです。

行ってはいけない危険なパワースポット


 

東京随一のパワースポットエントリー一覧

パワースポット

日本は、国内にたくさんのパワースポットが存在する国です。パワースポットの多くは、神社や仏閣などの聖地であり、深山幽谷にあるものから、都市部にあるものまでさまざまです。しかし、近年、パワースポットの聖なるエネルギーが枯渇し、ネガティブなエネルギーが蓄積しているところが増えてきています。魑魅魍魎に魅入ら...

続きを読む

皇居

天皇陛下にとって、新年は、歌会始(うたかいはじめ)の儀や、講書始(こうしょはじめ)の儀などのご公務以外に、最も重要な宮中祭祀があります。一月一日に行われる四方拝(しほうはい)、一月三日に行われる元始祭(げんしさい)、一月四日の奏事始(そうじはじめ)、一月七日の昭和天皇祭などなど。特に、四方拝は、元旦...

続きを読む

靖国神社

靖国神社は、明治維新の後で創建された神社で日本の国事や国防のため殉死した愛国者を英霊として祭祀する聖地です。かつては天皇陛下も内閣総理大臣も毎年参拝し、国のため殉死した英霊を慰霊していましたが、現在は、中韓の内政干渉に会い、複雑な事情となっています。早く、かつてのように天皇陛下も首相も堂々と参拝でき...

続きを読む

靖国神社が創建された理由

明治2年6月、戊辰戦争の死者など国家のために命を捧げたたくさんの人々の御霊を慰めるために、明治天皇陛下は、東京九段に「招魂社」を創建されました。明治12年(1879)6月4日には社号が「靖国神社」と改められ別格官幣社に列せられました。靖国神社には、戊辰戦争とその後に起こった佐賀の乱、西南戦争といった...

続きを読む

明治神宮と建国記念日

明治神宮のご祭神である明治天皇様は、神祭りをとても大事になさっていました。現在の天皇陛下は第125代ですが、すべての歴代天皇は父方をもとへたどると第一代神武天皇に必ず系図の上でつながる男系継承を維持されています。建国記念の日がもうすぐやってきますが建国記念の日とは、日本建国を記念する日です。その意味...

続きを読む

明治神宮について

明治神宮は東京に行ったらぜひ参拝しておくべき神社です。明治45年に明治天皇、大正三年に昭憲皇太后が崩御されました。その後、お二人を敬慕する国民の総意によって、明治神宮が創建されました。大正9年(1920年)、代々木の地に御鎮座されるにあたり、全国から献木された樹木は10万本。365種の樹木による70...

続きを読む

吉田松陰

吉田松陰も皇室を重んじた人物です。修身の教科書でたびたび取り上げられた吉田松陰は幕末の人で、山口県萩市にある松陰神社のご祭神として祀られています。道徳が日本から失われようとしているのではとの気持ちになる事件が多いです。小池松次さんが編纂された「修身の教科書」という本があります。日本人として忘れてはい...

続きを読む

スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。



  • SEOブログパーツ