本物のパワースポットをお教えします


スポンサード リンク

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

決断と破邪の力を授ける神として信仰される愛知県の熱田神宮。ヤマトタケルノミコトの故事もこの地に伝わっています。熱田神宮は愛知県名古屋市にあり、三種の神器の一つ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)が祀られています。この剣が草薙と呼ばれるのはヤマトタケルノミコトの事績に由来しています。もともと、この剣は天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と呼ばれていました。


その出自は、須佐之男命(すさのおのみこと)が八俣大蛇(やまたのおろち)を退治した故事に始まります。オロチの尾から出てきたその剣は、姉神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)に献上されました。のちに天孫が降臨するとき、天照大御神は、三種の神器を授けます。鏡、玉、剣の三種であり、これは代々の皇位継承において、天皇から天皇へと継承される形で、現在まで続いているのです。その剣が熱田神宮に安置されるようになったいきさつは、日本武尊(やまとたけるのみこと)の物語に出ています。


第12代の景行天皇の時代、皇子である日本武尊は、東国征討の命を受けて、東に向かいます。その途中に叔母である倭姫命(やまとひめのみこと)がいる伊勢に立ち寄りました。倭姫命は、伊勢神宮を伊勢の五十鈴川のほとりに創始した方ですが、朝廷より預かった鏡と剣をこの伊勢の地でお守りしておりました。鏡とは、伊勢内宮にある三種の神器の一つ、ヤタノカガミです。


倭姫命は、日本武尊に天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を授けて東征に向かわせました。日本武尊が東征を果たして、戻った地が尾張の地でした。その後、日本武尊は伊吹山の戦いの後に病に伏し、亡くなりました。こうして天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)は草薙剣(くさなぎのつるぎ)となって、熱田神宮に祭祀されることになったのです。


熱田神宮の神様は、決断力を授けて、意志力を強化し、さまざまな邪気、邪霊を打ち払うパワーがある神様です。破邪の祈願をされるときは、正式にご祈祷を受けて真心をこめてお祈りをされ、災いが完全に打ち払われるまでは、毎月ご祈祷を受けるなど、徹底的に天佑神助を願う「至誠」を尽くすと、奇跡のごとき、パワーで解決することでしょう。



スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。



決断と破邪の力を授ける神 熱田神宮関連ページ

白髭神社
白髭明神と猿田彦大神は同じ神様の別名です。
熱田神宮
熱田神宮を崇敬した戦国武将は戦に勝利したと伝えられています。