スポンサード リンク

喪中の時には神社や仏閣にはどのように参拝すればいいのでしょうか

両親が亡くなったり祖父母が亡くなったり、親族が亡くなったりすると、喪中と呼ばれる期間を迎えることになります。古い慣習や地方の習慣では、喪中になると一年ものあいだ、神社参拝ができないいとか、あるいは、家の神棚に白い紙でおおいをしてお参りを控えるなどの風習があるところもあります。しかし、パワースポットの開運エネルギーを活用して人生を好転させたいという観点からは、そのような因習よりも、もっとシンプルに考えてみましょう。伊勢神宮でも神道式には50日を喪中と考えて、それがすめば、お祈りも参拝もしていいと指導をしているので、私達も、その基準をもとに考えてよいでしょう。仏式では49日であり、神道は50日となっていますので、その期間が終われば、ふつうに参拝しても大丈夫だということです。

神道の本質から考える喪中

神道の本質から考えれば、それよりも早くても、例えば自分なりに喪中を一週間送れば、それで喪中期間が終わったとけじめをつけて、いつもどおりに神社に参拝し、祈祷を受けても差し支えはないのです。むしろ、毎日の神棚へのお参りや、神社参拝をもっと日常的に継続することが大切です。ですから、神棚に白い紙をかけて封印するなどもってのほかであり、そんなことをしなくても一週間ほど喪中期間をつつしめば、またふだんどおりに再開してもよいと思われます。どうしても気になる人は50日を基準に考えて、行動されればよいでしょう。そもそも、このサイトでご紹介したような本物のパワースポットの神霊は、バチを当てるとか、天罰を下すとか、そんな狭量な存在ではありません。そんなことをするのは全部、二流以下の存在だと考えていいでしょう。このサイトであげたところに参拝する場合は、くだらないことを考えず、参拝でいっそうすがすがしくなり元気になり、人生を明るく前向きに生きるんだと思って進んでいけば大丈夫です。
行ってはいけない危険なパワースポット

スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。