本物のパワースポットをお教えします


スポンサード リンク

行ってはいけない危険なパワースポット

パワースポットという言葉が知られるようになり、神社に参拝する若者も増えてきています。
かつて、江戸時代には「お伊勢参り」というパワースポット巡りが流行していました。


伊勢神宮から派遣される御師とよばれた布教師たちが、全国をまわり、百姓や村民に、
お伊勢参りの功徳を説いて、参拝を促したのです。
これが「お蔭参り」といわれているものです。


江戸からの片道は15日間ありました。岩手からは100日かかったそうです。それでも、
九州からでも四国からでも、お蔭参りに人々は旅立ちました。


このブームは数百人規模にもなる大きなものが60年周期で三度もありました。
信心の旅であると、沿道の施しを受けることができたので、大金がなくても一人旅ができたのです。
伊勢神宮参拝は、江戸時代の庶民にとっての一生に一度のイベントであり、夢であったのです。


もちろん参拝すれば必ずといってよいほどの大きな開運や願望実現があったからこそ、
多くの人がお蔭参りを実行したのです。


そして現代のパワースポットブームもまた、このお蔭参りと似たものであるといえます。
テレビ情報の普及により、国民はパワースポットの存在を知り、参拝に出かけるのです。


しかし、注意するべきことがあります。このサイトでも指摘していることではありますが、
日本各地の霊脈はじょじょに荒廃して、聖地としてのパワーを失いつつあります。
参拝するとかえって不運になるマイナスのパワースポットというものも増えているのです。


どのようなパワースポットを避けるべきなのか、どのように参拝するともっとも効果的で弊害なく、
安全に開運効果と願望実現を遂げられるのか、その秘密を、一般公開できないレベルの
情報として、まとめているのが、こちらです。
行ってはいけないパワースポットについても、その秘密を理解することができます。

パワースポット完全活用マニュアル

パワースポット


スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。



パワースポット行ってはいけない関連ページ

神棚への供え物〜正月など
神棚への供え物は、お水、お米、お塩、榊一対が原則で、ときに、ろうそく一対に火を灯したり、線香を立てる場合もあります。