本物のパワースポットをお教えします


スポンサード リンク

三種の神器が教える道義心

草薙の剣と、ヤサカニノマガタマ、ヤタノカガミの三つを三種の神器と呼びます。草薙の剣(クサナギノツルギ)は、本当の名前を「あめのむらくものつるぎ」と言います。熱田神宮にご神体として安置されています。そもそも、この剣は、神話の時代、スサノオノミコトが天照大御神さまに献上されたものです。スサノオノミコトがヤマタノオロチという怪物を退治した時に、その尾から現れたと言われています。天孫ニニギノミコトさまが高天原から降臨される際に、剣と玉と鏡を天照大御神さまから授かりました。鏡は伊勢神宮にご神体として安置されています。玉は皇居に安置されています。剣は強い意志を、玉は仁徳を、鏡は、叡智を表しているともいわれています。


天皇は代々、祭祀を司る王、つまり祭祀王として国の平安と国民の幸せを日夜、神様に祈願されています。天皇の一番重要なお役目です。ところが、とある侍従長の時代に、大切な祭祀を簡略化する動きがありました。祭祀をまったく重要視せぬ唯物論の人だったようです。この動きに昭和天皇さまも今上天皇さまも抵抗されました。天皇さまの存在意義にかかわる部分を骨抜きにしようとする企みに国民も目を光らせなければなりません。伝統や儀式は、ひとたび失われると二度と蘇らないのです。宮内庁の不見識を糺す政治家がいても良さそうなものですが。祭祀を簡略化する動きには、要注意です。


日本の国を守っていく霊的原動力の源が天皇さまのご存在であることを国民がみな理解し、大切にしていく必要があります。『親子で読める日本神話』という本があります。親子で読めるように工夫された日本神話の本です。日本人に生まれながら、日本神話を知らないことは恥です。自分たちの国の神話や伝承に残された祖先の思いを学び、日本国民としての誇りと自覚を取り戻さねばなりません。日本はいま、諸外国の圧迫を受けて国難をむかえています。奪われた北方領土の面積は沖縄よりも広いものです。いまだ取り戻すことができません。竹島をも奪われています。


日本人のアイデンティティを回復させるときです。日本文化を知らない日本の若者が増えています。2678年以上も男系継承されてきた皇室があったからこそ、日本は二千七百年以上も国が連綿と受け継がれてきたのです。幕府が交替しても、その上にいたのは常に皇室であり天皇でした。そして、そのような事例は世界に類をみないのです。日本は世界でもっとも古く、もっとも由緒ある国柄です。たしかに外国の軍隊が六十年以上も駐留したようなことは、日本の歴史上なかったことです。アメリカとの戦争での敗戦の影響はまだ根深く残っています。


日本の神道は、世界に誇れる文化であり、日本人の精神性の根幹です。そこには縄文文化や弥生文化を経て醸成されてきた日本人の美徳が秘められています。日本人のように和を重んじる民族は、世界にあまり存在しません。世界の常識は日本の非常識と呼ばれたりしますが、日本人ほど、謙譲や融和を重視して無益な戦いを好まない民族は存在しません。大東亜戦争のときに悪だくみにはめられ、やむを得ず自衛戦争を戦いましたが、日本の軍隊は世界一、規律が守られていて、戦地では、略奪も一切なかったのです。

 

三種の神器関連ページ

伊勢神宮 駐車場 無料
日本のパワースポットのすべてを公開。偽のパワースポットは排除し、ホンモノだけをご紹介しています。
建国記念日と伊勢神宮
日本のパワースポットのすべてを公開。偽のパワースポットは排除し、ホンモノだけをご紹介しています。
伊勢神宮 パワースポット
日本のパワースポットの頂点は伊勢ですがその中の最極点はどこなのでしょうか。
建国記念日と神武天皇
日本の建国記念日について詳しく知る若者はほとんどいません。
伊勢神宮と神の証
神様はほんとうに実在するのでしょうか?
パワースポット活用超強力秘伝
パワースポットのノウハウの最終形態
伊勢神宮は皇室と日本を守る神
伊勢神宮の神様の働きの本質は皇室守護であり、皇室の国、日本国を守ることを第一とします。
スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。



  • SEOブログパーツ