本物のパワースポットをお教えします


スポンサード リンク

日本が世界最古の国であることを知っていますか?

建国記念日について、その由来を知る若者も少なくなってきました。学校で教えないからです。
どこの国の学校でも、建国記念日の由来をていねいに教えます。日本だけはそれをしない。
なぜでしょうか。


建国記念日は、神武天皇の御即位の日なのですが、それを非科学的だとうそぶく人がいます。
歴史の長い国の建国由来は科学で証明できるものではない。
西暦の由来がキリスト生誕にちなむものとされるが、これすら証明はされていない。


はっきりと計測できるような短い歴史しか持たない国はかわいそうなのです。
日本の皇紀は2676年です(西暦2016年現在)。神武天皇即位から2676年の歴史なのです。
ところがいま、日本の国をつぶそうとしている人々がいます。私達の大切な日本、守っていきたいですね。


竃山神社は、和歌山市和田にある神社です。主祭神、彦五瀬命は、神武天皇のお兄さんです。
第一代天皇である神武天皇さまですが、まだ天皇の位につかれる前は、九州の高千穂宮にいらっしゃいました。
その地において、お兄さんである彦五瀬命と、「どの土地に都をおけば、日本の国を平和におさめられるだろうか」と相談されました。


その結果、東の国へむかうということで、「東遷」を開始することになります。
軍を率いて東にむかう神武天皇一行に周辺の豪族はみな従い、当初は順調に進んでいたのでした。
ところが、難波(大阪)の白肩津で、頑強に抵抗する登美能那賀須泥毘古(とみのながすねひこ)に敗れ、
五瀬命は手に矢が当って傷を負ってしまいます。


「我々は日の神の御子として戦うのに、太陽に向かって軍をすすめたのが悪かった。
これが敵の勢いが強い原因だ。南下して太陽を背にして戦おう。」


神武天皇と五瀬命は、こうして南下を決断しますが、結局お兄さんは死んでしまいます。
そこで、お兄さんを墓に埋葬し、神武天皇はさらなる戦いの末、敵を倒し、大和に入られることになるのです。
南海貴志川線竃山駅から南へ500mほどの場所に五瀬命の御墓とそれをお祭りする竃山神社があります。


お参りすると、すがすがしい風が迎えてくれます。
我が国の平和と国民の幸せを願って国家統一に尽力した結果、
命を落とされた五瀬命の霊妙な波動が立ち込めているのでしょう。


行ってはいけない危険なパワースポット



 

建国記念日と神武天皇関連ページ

伊勢神宮 駐車場 無料
日本のパワースポットのすべてを公開。偽のパワースポットは排除し、ホンモノだけをご紹介しています。
建国記念日と伊勢神宮
日本のパワースポットのすべてを公開。偽のパワースポットは排除し、ホンモノだけをご紹介しています。
伊勢神宮 パワースポット
日本のパワースポットの頂点は伊勢ですがその中の最極点はどこなのでしょうか。
伊勢神宮と神の証
神様はほんとうに実在するのでしょうか?
パワースポット活用超強力秘伝
パワースポットのノウハウの最終形態
伊勢神宮は皇室と日本を守る神
伊勢神宮の神様の働きの本質は皇室守護であり、皇室の国、日本国を守ることを第一とします。
三種の神器
草薙の剣と、ヤサカニノマガタマ、ヤタノカガミの三つを三種の神器と呼びます。 草薙の剣(クサナギノツルギ)は、本当の名前を「あめのむらくものつるぎ」と言います。
スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。



  • SEOブログパーツ