動物霊信仰の落とし穴と三峯神社の霊威

神社

埼玉県の秩父にあるパワースポット、三峯神社。ここは昔から、四足退散の神様として信仰を深めてきました。三峯の神の眷属は、神犬です。お犬様です。このお犬様が四足の魔物を退散させてくれるのです。では、三峯信仰では、どのような四足の魔物を祓うとされてきたのでしょうか?昔から、精神錯乱者が出ると、その人のことを狐つきとして四足の魔物の霊的障害であるとみなしてきました。三峯神社の神様とは、この魔物を祓う神です。この話が教えていることは、動物霊信仰は危険であるということです。その結果、精神錯乱などの危険な状態になり、この三峯神社の神に救って頂いたのです。歴史が教えている動物霊信仰の危険。このことを知れば、我々がパワースポットとして、どのような神社を選択すべきかあきらかです。人間は万物の霊長です。決して四足の動物霊を「おかげ信仰」すべきではありません。三峯神社には、日本全国から、熱心な崇敬者がたくさん参拝に来ています。交通は少し不便ですが、それをのりこえてでも参拝にくるだけの価値があるのです。現在では車やバスで行くことができますが、かつては参拝はたいへんな道のりでした。 行ってはいけない危険なパワースポット

スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。